ASAHIKAWA MOTOCRACY
北海道命名150年記念 インフラ歴史ツアー 五感で感じよう!「美瑛・上富良地域」と火山と共生
6,500円
※北海道インフラPR実行委員会よりツアー代金の一部を助成いただいております。
予約
十勝岳大正泥流と火山砂防事業のあらましについて、
実際に現地を巡りながら学び、地元で穫れた野菜などの食を通じ、
防災事業と農地整備の結果、火山の麓にあるこの地域で
安心した生活や農業ができるようになったことを体感します

 

  • info
  • program
  • point
プログラム名 北海道命名150年記念 インフラ歴史ツアー
開催日 10月13日(土)
料金(税込) 6,500円
※北海道インフラPR実行委員会より
ツアー代金の一部を助成いただいております。
料金に含まれるもの ガイド料・昼食代・各入館料・保険料・消費税
対象年齢 小学生以上
最少催行人数 15名
申込可能人数 40名
集合時間 9:10 旭川駅①番バス乗り場
予約締切 7日前の18:00
支払方法 事前インターネットクレジット払い(VISAorMaster)または、ご予約確定後、指定の口座にお振込み下さい
その他 運行バス会社:北海バスまたは同等のバス会社
協力:北海道インフラPR実行委員会
※当ツアーは、「北海道インフラPR実行委員会」よりツアー代金の一部を助成いただいております。
 また、ツアーご参加の際は、アンケートへのご記入をお願いしております。
【10/13(土)】
9:20旭川駅①番バス乗り場
9:30三浦綾子記念文学館 到着
学芸員の説明&常設展示見学♪
10:15 三浦綾子記念文学館 出発
11:45 青い池 到着
開発局職員の説明付き♪
12:15青い池 出発
12:30十勝岳火山砂防情報センター 到着
開発局職員の説明付き♪
13:30後藤純男美術館 到着
ふらのグリルでランチ♪
15:00後藤純男美術館 出発
15:10 土の館 到着
館長による説明付き♪
15:40土の館 出発
17:00旭川駅①番バス乗り場 到着・解散

★本ツアーでは、十勝岳大正泥流と火山砂防事業のあらましについて、
 実際に現地を巡りながら学び、地元で穫れた野菜などの食を通じ、
 防災事業と農地整備の結果、火山の麓にあるこの地域で
 安心した生活や農業ができるようになったことを体感します。

♢十勝岳山麓の美瑛・上富良野地域では、明治中期以降、
 入植者による開墾が進み、畑作や稲作などの農業が営まれていました。
 1926年(大正15年)十勝岳の噴火により発生した火山泥流がこの地域を襲い、
 100名以上もの人々が犠牲となり、それまで整備されてきた農地にも
 大きな被害を及ぼす大災害が発生しました。

♢この火山泥流災害により、農地は莫大な量の酸性泥土と流木に埋めつくされましたが
 並々ならぬ労苦を注ぎ泥土を排除し、客土を繰り返した結果、
 農地の復旧・復興が成し遂げられました。この大災害を契機として、その後、
 火山砂防事業をはじめとする火山との共生を目指す取組が進められ、
 今日では、美味しい野菜や小麦を生産する豊かな地域となっています。

予約
FORROW US
@2015 ASAHIKAWA MOTOCRACY
ASAHIKAWA MOTOCRACY ..
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 もう少しで40代の札幌生まれ
東京・長野で経験をつみ、2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。森の中で喫茶店を営むことが将来の夢。
小川 茉奈恵 旭川生まれ旭川育ちの20代。
2015年にマルウン商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
将来の夢は毎日お布団を干せる静かな生活を送ること。
法人・組織・団体のお客様