ASAHIKAWA MOTOCRACY
2019/3/25 news 3月にふさわしい話し

弥生です。

花月、嘉月、花見月、夢見月、桜月、暮春等の別名もあるそうです。

 

いわゆる、年度末。

幼稚園に通っている頃からDNAに刷り込まれている、

「別れ」「卒業」「異動」「転勤」「引越」「プロ野球開幕」の季節です。

 

他者との関係では少し感傷的に、

自分との対話では少し挑戦的に、

 

日本の3月はそんな季節で、個人的には嫌いではありません。

 

モトクラシーとしても、少し感傷的に、

他方、個々人は少しずつ挑戦を始めているところ。

 

 

2018年11月。1人の青年がモトクラシーの門を叩きました。

応援モトクラシースタッフ登場!

夏は宿層雲峡ホステルを経営し、

【公式URL】 https://www.sounkyo-hostel.com/

 

冬にはスカイランタンを大空に舞わしている、情熱溢れる青年です。

【公式URL】 https://etanbetsu.jp/lantern/

 

モトクラシーに真摯に精魂傾け続けて4ヶ月。

見事に精根尽き果て2019年3月をもってモトクラシーより解放されます。

 

おめでとう。ありがとう。おつかれさま。

しんどいこともくるしいこともたいへんなこともありましたね。

つらかったこときびしかったことなやんだこともあったでしょう。

でも、きっとわらえないことやしゃれにならんわとおもうこともあったはず。

 

そんな青年の心の内を想像しながら、

最後に残してくれたブログをどうぞご一読くださいませ。

 

*********************************************************

こんにちは。

応援モトクラシースタッフの志水陽平です。

このあいだ年を越したと思えばもうすぐ4月。

気づいたら1年の4分の1が終わっていました。

 

私の元旦に立てた“身体を締める”という目標は、

“糖質無制限”という言葉にすっかり置き換わっています。

 

そんなことはどうでもよくて、雪解けが寂しくもあり、春が嬉しいこの季節。

私にとっては“モトクラシー”を卒業する季節です。

 

本当にお世話になりました。

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

モトクラシーに入って4ヶ月。

 

ずっと前からいたような、昨日から来たような。

 

端的に言うと、記憶がありません。

 

スキー場へのバス“SNOWBUS”の運行管理をはじめ、

冬まつり、モニターツアー、SnowExpo、冬チャリなどなど

 

事業所さんとの打ち合わせに付いて行かせていただき、

パソコンと向き合ったと思えば、スノーシューを履いて森を歩き、

スノーモービルで肝を冷やし、雪上ドリフトで回りすぎ、ゾーブボールで絶叫し、

いろいろありました。

こんなにもたくさんの出来事は覚えているのですが、

それらが同時多発していて、ロケット鉛筆的に記憶が押し出され、

残ったのは部分的なものばかり。

 

ですが!

 

この短い期間でもモトクラシーに教えていただいたことがたくさんあります。

 特に、「チーム作り」 「背伸びをしない」こと。

 

その人たちの熱量がお客さまに伝わるサービス業。

お客さまはもちろん大事だけど、そこまで届けるスタッフはより大事。

なんのためにそれをやっているのかを明確にして、いいチームを作って走る。

今後私が宿泊業に戻るにあたって改めて大切にしようと思ったことです。

 

また、背伸びをしないことというのは、表向きだけではなく理念をしっかり伝えること。

かっこつけすぎて張りぼてにならないこと。

足元を整えて、できることから伸ばしていかないと、

自分も相手も置いてきぼりになってしまうことを学びました。

 

 

身体を締めるということも、腹筋を割ることではなく、

まずは1km走ってみるところから再出発しようと思います。

(糖質を抑えられる自信はナシ)

  

最後に。

林さん小川さん、本当にありがとうございました。

 

応援スタッフという立場、正直使いづらい面もあったと思います。

それでも外部としてではなく、内部の話もしていただき、私もスムーズに仕事に入れました。

 

はたしてモトクラシーの助けになったのか、

不安しかありませんが個人的には大変勉強になり感謝の気持ちでいっぱいです。

 

かたいあいさつになってしまいましたが、決して最後のお別れではありません。

夏秋は上川町層雲峡にいますので、みなさん遊びに来てくださいね!

一緒に山歩きましょう!それでは!

(その頃にはきっと腹筋割れてます)

 

                           2019年3月 志水陽平

 *********************************************************

モトクラシーに来てしまったことを後悔しているのでは?

採用・契約責任者としてはその懸念がずっと頭の隅にありました。

 

その心配は杞憂に終わりました、とは決して全然言えないのですが、

私たちの日常から何かを感じてくれたことは素直に嬉しいと思うことにします。

 

志水陽平の将来に幸あれ。

来年もモトクラシーの事務所に君の椅子があることは約束しておきます。

 

本当におめでとう。本当にありがとう。本当におつかれさま。

 

FORROW US
@2015 ASAHIKAWA MOTOCRACY
ASAHIKAWA MOTOCRACY ..
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 気が付けば40代の札幌生まれ。
東京・長野で経験を積み、2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。
森の中で喫茶店を営むことが将来の夢。
小川 茉奈恵 旭川生まれ旭川育ちの20代。
2015年にマルウン商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
将来の夢は毎日お布団を干せる静かな生活をおくること。
法人・組織・団体のお客様