ASAHIKAWA MOTOCRACY
2018/9/30 news フィールドワークの秋 その弐

『現場主義』がモトクラシーの大原則。

自らが体験していないものは紹介できない。

強い強いこだわりを、3年半守り続けて今があります。

 

たとえどんなにインドア派であろうと。

たとえどんなにお家が大好きであろうと。

たとえどんなにお布団をこよなく愛そうと。

 

モトクラシースタッフになってしまったからには自ら体験することが決まり事です。

 

2015年新卒入社。4年目の22才。

 

時に川に飛び込まされ

時に雪山から滑り落とされ

時に1人でツールド北海道

 

「イイ仕事ですね」

「本当に楽しそう」

「なかなか経験できないことだよ」

 

たくさんの賛辞をいただく度、

言葉にできない複雑な感情を抱き続けてきた22才が、私のたった1人の部下だったりします(笑)。

 

さて、そんなスパルタ教育の賜物か。

私たちのフィールドワークはついに壮大なスケールへと踏み出しました。

お気づきの方が非常に多く、とっても嬉しく感じているところなのですが、

新企画の表紙右側、やや猫背の女性。

はい、弊社のオガワです。

 

頑張りました初登山。

初登山からの初大雪山国立公園縦走。

 

数年前までは露骨に嫌な顔をしながら体験しておりましたが、

今回のフィールドワークは本人も達成感・満足感を得た様子。

 

前段長かったですが、今回も写真を中心に1泊2日のフィールドワークの様子をお届けいたします。

お暇な方は最後までお付き合いくださいませ。

 

インドア女子の大冒険

~黒岳・旭岳 縦走2018~

(写真はイメージです。嘘です。やらせです。)

 

いざ出発

「あそこの山まで行くぞ~」 (半目)

 

7合目まではロープウェイとリフトで楽々♪

 

見事小学生でも登れる「黒岳」を1時間45分で登頂 ヽ(^◇^*)/ ワーイ

 

なかなか見られない「ナキウサギ」を探していると・・・

 

見事激写の超絶ビギナーズラック!!

 

アウトドアディナーは楽しすぎ (⌒▽⌒)アハハ!

 

一人だけ厳寒期用のシェラフで快適に就寝 ヽ(´◇`)ノ ファ~♪

(他のスタッフは寒くて寝られなかったとか)

 

3:30起床。桂月岳にてご来光と雲海を望む。

 

ちょっとテンションがあがる朝♪

 

真面目に楽しく作戦会議。

 

大雪山国立公園の広大さを感じるのは実はココから。

 

直径2kmの御鉢平カルデラ。只々デカイ!

 

いい写真だけど見ていて怖かった。意外と勇気があります。

 

お昼休憩は秘湯「中岳温泉」 (# ̄∇ ̄#) やっぱり猫背。

 

裾合平はチングルマの紅葉が一面に。それはそれは綺麗でした♪

 

一歩一歩をかみしめて。こんなに自然と過ごした2日間は初めてのこと。

 

ゴールでは感極まったオガワなのでした (T-T) ウルウル

 

******************************************************************************

ガイドをしてくれた東川エコツーリズム推進協議会の大塚さん高橋さん。

一緒に楽しく完歩してくれた旭川市観光課の岡田さん。

昨年の企画段階から共に夢見ていたのに、東京に異動となってしまった白木さん。

本当にありがとうございました!

 

ようやく大雪山国立公園の広さについて自分の言葉で語ることができそうです。

 

そして、私の部下は今回本当に頑張りました。

また行きたいとは思っていないかもしれませんが、

初めてアウトドアでこんなに楽しそうな顔をみることができましたよ。

これからも北海道、大雪山国立公園エリアの魅力を一緒に伝えていきましょう。

もちろん、皆様のお越しをお待ちしています!

大雪山国立公園縦走プランの商品化は来シーズン(の予定)です。。。

FORROW US
@2015 ASAHIKAWA MOTOCRACY
ASAHIKAWA MOTOCRACY ..
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 もう少しで40代の札幌生まれ
東京・長野で経験をつみ、2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。森の中で喫茶店を営むことが将来の夢。
小川 茉奈恵 旭川生まれ旭川育ちの20代。
2015年にマルウン商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
将来の夢は毎日お布団を干せる静かな生活を送ること。
法人・組織・団体のお客様