ようこそ わたしの山へ ~日本でここだけ 木こりのガイドと行く半日スノーシューハイク~
プログラム名 ようこそ 私の山へ
開催日 12月下旬~3月末(降雪状況により開催できるか判断)
料金(税込) 4,000円
料金に含まれるもの 木こりガイド料、体験料、スノーシューレンタル料、保険料、消費税
スケジュール
9:50 マルウンホール集合
10:00 マルウンホール出発
10:20 木こりの山に到着
10:30 スノーシューハイク出発
12:00 スノーシューハイク終了
12:20 マルウンホール到着・解散
【所要時間 約2時間30分】
当日必要な物 1、暖かい服装 2、防寒靴(防水性のあるタイプが最適) 3、手袋・帽子など
対象年齢 4才以上
最少催行人数 2人
申込可能人数 2人~15人
集合時間 9:50
集合・解散場所 旭川市宮下通10丁目3番2号
マルウンホール 1F
送迎 相談可(マルウンホール前⇔現地)
開催場所 旭川市 富沢地区
予約締切 2日前の18:00まで(前日 応相談)
支払方法 出発までに旭川まるうんトラベルのカウンターにて
RESERVA予約システムから予約する
①山の『暮らし』を木こりさんに聞く 山岳ガイド・ネイチャーガイドは全国にたくさんいらっしゃいます。しかし、「木こりガイド」と山を歩くことのできるツアーはなかなかありません。
山でどうやって暮らしているのか。本当に山で暮らしていけるのか。暮らしている人からは、山がどのように見えているのか。木こりの暮らしをちょっと覗きに行きましょう。
アサヒカワモトクラシーの数ある企画の中でも、最もモトクラシーらしいと感じているツアーが“ようこそ 私の山へ”です。
②木が持つ不思議なパワーを知る 山の恵みをそのまま生活の糧としている木こりさん。
彼の知見は山のガイドよりも深いかもしれません。
それぞれの木には石と同じように意味やパワーがある。このツアーは自然と対話をしながら進むツアーです。木の名前を知ったり動物の足跡を追いかけたりするネイチャーツアーとはかなり違います。どんな仕掛けが待っているかはお楽しみに。
③時には仕事のお手伝い 木こりが山から木を刈り出してくる季節は「冬」。何故冬なのかは木こりさんに教えてもらいましょう。とにもかくにも、山にお邪魔させていただくこのツアー。
木こりさんのお手伝いをすることで、木こりさんだけでなく、山への恩返しになるかもしれません。時には重労働になるかも!?
TSUTOMU ARAYA
「自分の使う物を、全部自分で調達したかった」 今回ガイド役として登場していただく荒屋さん。普段は“スプーンのあら屋”というブランドで、完全手作りの木のスプーンを制作・販売しています。荒屋さんが自分の山を購入してしまうまでの発想が面白い。
「仕事でも生活でも、全てが自分で調達できて、それで生きていけるなら素晴らしいことじゃないですか。色々考えた結果、いつしか自分の山が欲しいなと思うようになったんです」 山が欲しい。そう想って、購入してしまう人はなかなかいない。ただただ凄い人です。
「辿りついたのがスプーンでした」 荒屋さんがスプーン作りを始めたきっかけもとても興味深い。
「旭川は大きな工場もあって、腕のある職人もたくさんいる。その領域で勝負しても勝ち目はないなと。自分で無理なくできることは何か、創作できるものは何かを考えた結果、辿りついたのがスプーンでした」 山から木を伐り出し、その木を一本一本のスプーンにしていく。
当然、世界に同じスプーンは存在しない。
「同業種の方や、他の木工作家さんからは僕の作り方は“マジか!?”と驚かれます(笑)。非効率的だし、生産性も低いですから。でも山や森の循環性や再生産性を考えれば、もっとも適した創作だと信じています」
「本当の山って実は怖い面も多いんですよ」 荒屋さんにとって山はどんな存在なのだろう。
このツアーを通して、持ち帰ってもらいたいものは何なのだろう。

「山の中で独りぼっちになることは、海のど真ん中で独りぼっちになるのと同じくらい怖い体験。自然と正しくお付き合いするためには、そういった怖い面もあるということを知ってほしいと考えています。もちろん危険なことはしませんが、ちょっと怖い体験をしてもらうかもしれません(笑)」
RESERVA予約システムから予約する 旭川に2泊以上する方はこちら
2015 © motocracy.jp