遠足 ~人類未踏の原生林に行く1dayスノーシューハイク~
プログラム名 遠足
開催日 12月下旬~3月末
(降雪状況により開催できるか判断)
料金(税込) 15,000円
料金に含まれるもの ガイド料、体験料、スノーシューレンタル料、ゴンドラ往復料、昼食代、温泉入浴料、保険料、消費税
スケジュール
8:20 マルウンホール集合
8:30 マルウンホール出発
9:00 カムイスキーリンクス到着
9:30 ゴンドラにてカムイスキーリンクス山頂へ
スノーシューハイクスタート
12:30 森の中でアウトドアランチ
14:30 ゴンドラにて下山
15:30 マルウンホール到着・温泉案内・解散
【所要時間 約7時間00分】
当日必要な物 1、暖かい服装 2、防寒靴(防水性のあるタイプが最適) 3、手袋・帽子など
対象年齢 中学生以上
最少催行人数 2人
申込可能人数 2人~8人
集合時間 8:20
集合・解散場所 旭川市宮下通10丁目3番2号
マルウンホール 1F
送迎 相談可(マルウンホール前⇔現地)
開催場所 カムイスキーリンクス山頂付近
予約締切 3日前の18:00まで(前日 応相談)
支払方法 出発までに旭川まるうんトラベルのカウンターにて
RESERVA予約システムから予約する
①『原生林』に踏み入れる 「原生林」を説明しなさいと問われたら、意外と難しいのではないでしょうか。何となく言葉のイメージは湧くけれど、具体的に説明しろと言われると、ちょっと困惑してしまいます。北海道=原生林と思われている人も多いですね。実は北海道のほとんどの森林は原生林ではありません。果たして本物の「原生林」とはどういう空間なのか?
旭川市から車でわずか30分程度のエリアに原生林が広がっていることは、観光客はもとより地元住民もほとんど知りません。
いざ原生林へ。冒険心を持った参加者をお待ちしています。
②ふっかふかのパウダースノーを踏みしめる! 北海道の中でも特に気温の下がる旭川エリア。市内でも-20℃になることが珍しくありません。当然、原生林フィールドの雪は本物のパウダースノー!ふっかふかの雪をスノーシューで歩く感覚は最高です。思わず笑顔になってしまう極上パウダースノーをお楽しみください。
スノーシューで歩くことは結構な運動量。全然寒くありませんので、防寒対策よりも防汗対策をしっかりと。
③ガイド自慢のあったかランチ♪ 原生林という異空間に魅了された後は、お楽しみのアウトドアランチタイムです。ランチメニューは加藤さんお手製のオリジナルポトフ♪(予定)。スノーテーブルを囲んでのんびりほっこり癒されましょう。
TOSHIHIRO KATO
「心のワクワクをいつまでも」 静岡県出身の加藤さん。子どもの頃からアウトドア好き。そのまま大人になり、今では富良野エリアを拠点に活動されています。春から秋までは主にカヌーなどの川下り体験をメインにガイド中。社名は“wokkys(ウッキーズ)”。社名の由来は加藤さんに聞いてみましょう。
「学びを持ち帰ってほしい」 加藤さんにはアウトドアガイドとしての強いポリシーがあります。それは“学び”を提供するということ。
「僕たちは森に入るときに使用料を払っていないですよね。僕はガイドを通して自然のことを知って頂きたいといつも考えています。自然の大切さや大事さを知ることで、日常生活にちょっとでも変化が生まれて欲しい。知って頂くということが、結果として自然に対するお支払いだと考えているのです」 きっと加藤さん自身が自然からいろいろなことを学んできたからこそ、そういう願いが強いのでしょう。
「原生林の魅力を伝えたいですね」 加藤さんからは原生林の魅力の話が次々と飛び出してきます。詳しくはツアー中に体験してほしいので割愛しますが、ちょっとだけご紹介。
「全く人の手が入っていない原生林は大げさに言えば100年前と変わらない風景が広がっているということです。反対に言えば100年後も変わっていないということ。そんな原生林のど真ん中には絶対に冬しか行けません。道がないですから(笑)」
RESERVA予約システムから予約する 旭川に2泊以上する方はこちら
2015 © motocracy.jp