夢か現か幻か ~幻想体験 スノーシューナイトハイク 温かい白樺樹液の紅茶つき~
プログラム名 夢か現か幻か
開催日 12月下旬~3月下旬
料金(税込) 4,000円
料金に含まれるもの ガイド料、スノーシュー体験料、スノーシューレンタル料、白樺樹液の紅茶代、保険料、消費税
スケジュール
18:00 市内各所お迎え
18:30 マルウンホール出発
19:00 東川町の大雪山自然学校に到着
19:10 ナイトハイク出発
20:10 ナイトハイク終了
白樺樹液のティータイム♪
20:30 大雪山自然学校出発
21:00 マルウンホール到着・市内送迎・解散
【所要時間 約2時間30分】
当日必要な物 1、暖かい服装 2、防寒靴(防水性のあるタイプが最適) 3、手袋・帽子など
対象年齢 4才以上
最少催行人数 2人
申込可能人数 2人~15人
集合時間 18:30
集合・解散場所 旭川市宮下通10丁目3番2号
マルウンホール 1F
送迎 市内ホテルまで相談可(マルウンホール前⇔現地)
開催場所 東川町キトウシ森林公園
予約締切 前日の18:00まで(当日 応相談)
支払方法 出発までに旭川まるうんトラベルのカウンターにて
RESERVA予約システムから予約する
①冬の森は夜でも明るい!? 真っ暗な空間を歩くイメージのあるナイトハイク。ところが冬の森に限ってはそんなことはありません。
雪明りは想像以上に明るく森を照らします。ヘッドライトなど全く不要。空も地面もキラキラと輝く素敵な幻想世界をお楽しみください。
②究極の「無音」を楽しむ 光とは異なり、雪は音を吸収します。それ故、森の中は本物の静寂に包まれています。目を瞑れば雪の降る音が聞こえてくるかも。
「し~ん」という無音が聞こえてくるのも冬だけの特別な体験です。
③森の恵みをいただきます ナイトハイクを楽しく終える頃にはすっかり身体が冷えているかも。ツアーの最後には温かな白樺樹液の紅茶をみなさまに。
ほんのりした自然の甘さが身体に優しい白樺樹液。おススメは断然ストレートティーです♪
KAZUHIRO ARAI
「僕は心配性なんです」 自然体験や環境教育プログラムを企画・実施しているNPO法人大雪山自然学校を率いる荒井さん。
「自分の人生も、未来の環境のことも考え始めると心配になりますよね(笑)」 旭岳の環境保全活動に参画してから約15年。目の前のことも将来のことも考え続ける荒井さんの周りには、いつも色んな相談が舞い込んでいます。
「こだわりは無理をしないこと」 荒井さんがガイドとして現場に出る際、大切にしていることは?と、聞いてみた。即答で返ってきた言葉はなかなか深い。
「今、ココにいる、私たちで楽しむことがとても重要。その一緒に楽しむという時間と価値を大切にしたいと考えています。そうすることで、僕が見せたいモノ以上のモノが見えてくるんです」 自分が伝えたいことよりも、その時にしか見られない自然な姿を一緒に楽しみたい。それ故、荒井さんのガイディングは毎回異なるのが最大の特徴です。
「人間の底力を信じています(笑)」 荒井さんは“利用者による環境保全”という理念を広める活動を展開しています。
「みんなで森や自然がより良く保全される道を探っていきたい。僕のガイドを通して森に来て楽しかったと思ってくれればそれが第一歩。そんな感覚を共有していきたいですね」 荒井さん曰く、自然を活用しつつも自然を保全できるのは人間だけのはず、とのこと。そんな人間の底力を信じているとの言葉がとても印象的でした。
RESERVA予約システムから予約する 旭川に2泊以上する方はこちら
2015 © motocracy.jp