ASAHIKAWA MOTOCRACY
2017/5/23 characters 山中さん

北海道の「食」といえば今も昔も「海産物」。

新鮮で美味しい魚介類というのが広く浸透している北海道のイメージです。

昨今では野菜やお米のブランド力も上がってきていますね。

 

それに加えて今後注目してほしいジャンルが「果物」。

北海道の代表格といえばメロン、リンゴ、ブルーベリー等でしょうか。

そんな中…

アサヒカワモトクラシーが秘かに、

そしてかつ確信的にお勧めする果物がございます。

 

『サクランボ』です。

 

単純に美味しいのは勿論。

知れば知るほど奥深い歴史もあわせ持つ果物です。

 

大正・昭和初期から脈々と受け継がれている神居古潭の果樹栽培。

食べ放題ですが、一粒一粒を噛みしめて欲しい、

そんな宝石のようなサクランボをご紹介します。

 

*********************************

それではモトクラシーな人をご紹介。

 

いつも百点満点の電話対応で快く出迎えてくれるのが、

山中果樹園の4代目、山中さんです。

取材日は5月中旬。

サクランボの花が満開で、まさにお花見日和の一日でした。

 

山中さんは生粋の旭川生まれの旭川育ち。

高校卒業後、農業の専門学校に通い、その後は農業講師として勤務。

知識と経験をフル活用して、今でも試行錯誤を続けているとのこと。

 

「毎年工夫して考えてサクランボを育てています。お天気だけはどうしようもないけれど、それでも過去の経験を活かしながら、日々対応できるように頑張っています」

 

山中さんのつくるサクランボの美味しさに驚かされたのが一年前。

ツアーの最中に、実は一番私たちが食べているかもしれません(汗)。

美味しいサクランボづくりには“技”があるのでしょうか?

 

「一本一本の樹を物凄く見ています。実がつき過ぎていると大きく育たないですし、その反対のこともある。250本あるサクランボの樹を育てることは大変なんですよ(笑)」

 

1年のうちのたった1ヶ月しか収穫できないサクランボたち。

山中さんは我が子のような表現でサクランボのことを語ります。

 

山中果樹園の特徴をもう一つ。

行けばすぐに分かりますが、巨大なビニールハウスが綺麗に並んでいます。

サクランボを雨から守っているのです。

「このビニールハウスを最初に導入したのが親父です。平成元年のことでした。今では普及しましたけど、最初は大きな買い物で、挑戦でした。親父は悩んだけど、お袋が後押しして、やってみたんです」

 

まさにパイオニアの家族経営。

写真はまだ撮れていませんが、ステキなお母さんもツアーでは登場いたします。

かなり豪快で元気な優しいお母さんです。

取材の後半に、山中さんが神居古潭の果樹園の歴史を教えてくれました。

 

「私は4代目ですが、実は果物を作り始めたのは2代目、私の祖父の頃からです。元々は畑を行っていたのですが、昭和初期にリンゴ作りの技術が伝わってきて、一面リンゴ果樹園になったそうです」

 

サクランボは?

その発祥のきっかけが面白い。私たちも今回初めて山中さんに教わりました。

 

「ご覧の通り神居古潭は斜面になっていて、地形的には風の通り道です。サクランボは“リンゴを守る防風林”として植えられたんですよ」

 

歴史には必然と偶然が同居するもの。

ここまでサクランボの果樹園が広がることを、昭和の先人たちも予見していなかったようです。

「神居古潭の風景は子どもの頃から変わらない。少し賑わいは減ったけど…。サクランボや神居古潭の魅力で、少しずつでも地域が活性化したら嬉しいですね」

 

この土地に暮らし、この土地を愛していることが、山中さんとの会話から伝わってきました。

 

最後に、山中さんからお客さんへメッセージ。

「食べてくれた人に“美味しかった”と言ってもらえるように丹精込めてサクランボを育てています。とにかくたくさん食べていってください!」

*・・関連モトクラシー・・*

 

 

 

 

 

 もぎゅっと果実

 

 

ASAHIKAWA MOTOCRACY .. © motocracy.jp
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 もう少しで40代の札幌生まれ
東京長野で経験をつみ、
2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。
小川 茉奈恵 まだ20代になったばかりの
旭川育ち。2015年にマルウン
商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
法人・組織・団体のお客様