ASAHIKAWA MOTOCRACY
2018/8/12 tour モトクラシーの様子 2018夏の巻

油断をするとすぐに更新を怠るモトクラシーです。

残暑の候、みなさまいかがお過ごしですか。

私たちは、まあ、その、なんというか、元気です(^^;

 

さくらんぼ号の季節が無事に終了。

今は毎日洞窟ナイトツアーをやっています。

この毎日開催のアクティビティを基本としつつ、

貧乏暇なし症候群のモトクラシーは、まあ、その、なんというか、色々やっています(××)

 

求人情報が驚くほど多くの人の目にふれたことを真摯に受け止め、

また、結構真剣に多くの方が応募を検討してくれていることも受け止め、

ここはやっぱり相変わらずではありますが、「正直」に私たちの活動をお知らせしておこうかなと。

 

最近のモトクラシーはこんな感じです。

(毎度毎度のことですが、今回も長くなりますのでお暇な方のみ最後までお付き合いくださいませ)

 

【7月22日】

『札幌の学生さんたちと三浦文学を巡るフットパスツアー』

三浦綾子記念文学館の田中館長からお声掛けいただき、

北海学園大学と札幌大谷大学の学生さんを対象に、日帰りフットパスツアーを実施。

私の仕事は、喋ること、食べ物を配ること、喋ること、写真を撮ること、喋ること等です。

余談ですが、集合写真で最高の笑顔を撮影する「技」をモトクラシーは持っています。

「技」を習得したい方は、ツアーにご参加いただくか、求人に応募してください(^^)

 

【7月23日~7月25日】

『46億年地球の命~ぼくらはみんなでいきている~』

富良野自然塾×大雪青少年交流の家×旭山動物園とモトクラシーのコラボレーション企画。

植樹をしたり、ハイキングをしたり、ニホンザリガニを探したり、星を観たり、キャンプをしたり、

夜の森を歩いたり、朝の森も歩いたり、現役飼育員さんと動物観察したり、etcetcetcetcと、

とっても盛り沢山の環境教育エコツアーを2泊3日で開催。今夏で一番の猛暑日。

それでも子どもは元気!大人はしんどい!でも、あっという間の3日間でした♪

 

【8月1日】

『大雪山国立公園を核としたアドベンチャートラベル形成事業 ワークショップ』

一転して、エアコンの効いた快適な環境にて。

東川町に今年完成したばかりの「せんとぴゅあⅡ」の一室をお借りし、

北海道観光振興機構様からの委託事業のワークショップを開催。

観光関係者様15名がお忙しい中にも関わらず、集ってくれました。

モトクラシーもネットワークが本当に広がっています。只々感謝。

小難しい会議のようで、内実ざっくばらんな意見交換。

大雪山国立公園を活用した新たなツーリズム始まります。10月をお楽しみに!

 

【8月5日】

『とうま蟠龍まつり ゾーブボール体験』

昨年からご依頼いただいているイベント共催企画。

直径3mのゾーブボールで、主に小学生を50人程転がしてきました(^^

この受付セット。すべて当麻町の人が用意してくれていたんです。

こんなことは初めてのこと。感激しました。お弁当までもらっちゃいました。

ここまでしてもらったら、身体をはって楽しむしかありません!

当麻町のみなさま、いつも本当にありがとうございます<(_ _)>

 

【8月8日】

『お呼ばれしたらいつでもどこでも』

場所:秘密 (ヒントは鳥獣保護区)

目的:秘密 (呼ばれただけ)

8月8日某所にて。未来の観光商材になりえるか?の体験会。

お呼ばれされれば、私たちは時間の許す限りお出かけします。

ココは面白そうでした。冬の方がより面白そう。

モトクラシーの新企画は、最近、自然発生することが増えてきました。

 

ざっと、2週間を振り返るとこんな日々。

まあ、その、なんと言うか、ちょっと、忙しい、いや、楽しく過ごしています(^^

 

今後ともモトクラシーをどうぞよろしくお願いいたします。

 

**********************************************

オマケ

今年の夏は暑かったですね。

熱中症対策には首の「後ろ」ではなく「横」を冷やすと効果的です。

FORROW US
@2015 ASAHIKAWA MOTOCRACY
ASAHIKAWA MOTOCRACY ..
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 もう少しで40代の札幌生まれ
東京・長野で経験をつみ、2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。森の中で喫茶店を営むことが将来の夢。
小川 茉奈恵 旭川生まれ旭川育ちの20代。
2015年にマルウン商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
将来の夢は毎日お布団を干せる静かな生活を送ること。
法人・組織・団体のお客様