ASAHIKAWA MOTOCRACY
2018/7/21 news 求人情報 【モトクラシースタッフ】 業務拡大による増員募集

2015年の夏。1つのプロジェクトが始まりました。

地元の暮らし、地元で暮らしている人、そして地元の人も知らない灯台下暗し。

そんな『モトクラシー』を紹介しましょうという、おやじギャグから始まったプロジェクト。

業界用語的には“着地型観光企画”というジャンルに属するものです。

 

担当スタッフはたったの2人。

1人は本州長野県で観光を学んできたばりばりのアウトドア人間。当時37歳。

1人は地元の高校を卒業したばかりの超こてこてのインドア人間。当時18歳。

19歳の年の差が簡単に埋まる訳もなく、喧々諤々、七転八倒、悪戦苦闘の日々。

苦楽苦苦楽苦苦苦楽を共に過ごした3年間。ようやく芽生えてきた信頼関係。

仲良くケンカをするトムとジェリーのような上司と部下になりました。

 

すべてが0からスタートし、何が正解なのかは皆目わからず、

ただ、ひたすらに目の前に現れるお仕事と、1人のお客様相手に全力投球。

 

気付けば2人ではもう限界!という状況までモトクラシーは成長してきました。

お客様、関係者の皆様、そしてこんな上司に黙らずについてきてくれたたった1人の部下。

皆々様に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

 

この度、私たちは、業務拡大(多忙?)によるスタッフ増員を初めて行うこととなり、

ここに求人情報を掲載させていただきます。

 

初めてのこと故、なんとも不慣れ。

 

ず~っと人が欲しいと思っていましたが、いざ増員するとなるとどうしてよいのか分かりません(苦笑)。

 

どんな人がこの仕事に適しているのか?

どんな人がこの仕事をしているトムとジェリーと一緒に働けるのか?

どんな人がこの仕事に興味と関心をもち旭川で暮らそうと思えるのか?

 

そもそもこの仕事をしたいと思う人が果たしているのだろうか?

 

悩み考え始めたらキリがありません。

が、悩んでいても仕方がありません。

 

すべての出会いはご縁である。と、私は勝手に信じていて、

きっと素敵な出会いが待っているだろうと楽観的に考えてもいます。

採用条件・募集要項・業務内容・求める人物像等々はすべて記します。

あなたの求めるものがありましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。

 

文責:以上、以下、全文すべて林和寛(旭川通運株式会社観光企画課課長)

 

**************************************************************

【採用条件・求める人物】

①このページを全文読破できる人

私たちの主たる仕事は「伝えること」。伝えたいことがたくさんあって、でもなかなか伝えきれない葛藤を毎日のように繰り返し続けています。どうしたら伝わるのか・・・。言葉・写真・動画・HP・パンフレット・ブログ等々を必死に考えながら、制作したり、更新したりしています。この努力ができなければ、また、この努力を感じられなければこの仕事は務まりません。この求人文章も私なりに一生懸命伝えようとしています。面倒くさいかもしれませんが、この採用募集ページの全文を読むこと、読めること、理解し共感できることを、今回の必須採用条件とさせていただきます。

 

②社会人経験3年以上

前述したように、モトクラシーは2名のスタッフで運営してきました。部下の小川にとって、上司の林は絶対的な存在であり、文句があろうとあろうと、信じて従うしかない、とっても辛い社会人生活を送ってきたと思います。ハッキリ言って林という人間は細かいです。うるさいです。やかましいです。その代り、社会人としての基礎基本、社会人マナー、仕事の創り方・考え方に関してはきっちりみっちりこってりと指導・教育を行います。こんな上司と部下の間に挟まるポジションの人間が今回の求人募集対象です。26歳~35歳くらいの若手人材をイメージしています。最低限の社会人経験(3年/同一組織)を有しており、できればその経験から年下の小川に刺激を与えられる人。そして年上の林の業務をしっかりと引き継げられる人。その上で、第二の小川(新卒)を育てられる人。そんな人に出会いたいと願っています。あなたの社会人経験を当社で存分に発揮してください!

 

③根がマジメな人

当り前のようであり、でも意外と真剣に考えられていない採用条件かもしれません。自分たちで言うのは何ですが、私たちはとっても真面目に仕事をしています。不器用です。恐らく悪い意味でも根がマジメだと思います。それでもやっぱり根が真面目な人と仕事をしたいと考えています。たった1人のお客様の、ちょっとしたご要望を、全力で形にするのが観光サービス業です。私たちのポリシーとして、簡単に「できません」と言うことは絶対NG。なにができるか必死に考えて考えて考え抜くことを約束事にしています。真面目に真摯にコツコツ働ける方が採用条件です。

 

④観光・旅行業の経験は不問

ニーズが多様化し、国際化が激しく進んでいる我が国の着地型観光業界。過去の観光業界の成功体験はほとんど役に立ちません。ITの進化を語るまでもなく、日々の変化は速くなる一方です。そんな中で求められる人物像は変化を恐れない人、むしろ変化を仕掛ける人です。全てを0から創りあげる必要はありません。世の中にある様々なトレンドや情報にアンテナを張り、自分たちのブランドコンセプトに合うようにカスタマイズしていく。情報収集力や調整力が必要な仕事と言えます。などと小難しい言葉を並べてみましたが、実際のところはトライ&エラー&エラーの毎日です。たくさんトライしてたくさん失敗して。そこからたくさん学んで、ようやく1つのスタイルを身につける。私たちは3年でようやくベースとなるスタイルができたばかりです。繰り返しますが業界経験はいりません。私たちの知らない世界や価値観をモトクラシーに持ち込んでください!

 

⑤特技のある人

折角の中途採用。私たちの足りないところを充足してくれる人だったら嬉しいなと考えています。分かりやすいところで言えば「語学堪能」であること。外国人旅行者が右肩上がり。私たちは必死に拙い英語と全力の笑顔で毎日を乗り越えています。英語でメールが書ける人は大歓迎です!その他、例えばHPの制作やデジタルマーケティングが得意です!とか、文章を書かせれば林さんのこんな文章より面白いこと書きますよ!とか(不採用にしますが・・・)、デザインとかイラストレーターとか小川さんの素人作品なんかと比べないでください!とか(これも不採用かな・・・)、とにかく何でも良いので、たった1つ、コレは誰にも負けません!という特技のある人を募集しています。因みに、私(林)は書くことと喋ること、部下(小川)は創ることと笑うことが特技です。

 

⑥女性(女性目線を有する男性)

男女雇用機会均等法がある現代において、募集要項に性別を記載することは不謹慎と心得ています。それでも私たちは女性を求めます。百歩譲って「女性目線」を意識できる男性です。私たちのパンフレットやHPから感じて欲しいのですが、ターゲットは「ファミリー」「カップル」「女子」に絞っています。事実ほぼ全ての企画に「女性」のお客様が参加してくれているのです。これら女性に響く商品づくり、企画づくり、現場の雰囲気づくりを行っています。“カッコイイ”より“かわいい”を。“派手で目立つ”より“シンプルで心地いい”を目指しておりますので、ご理解の程、何卒何卒。また、余談ではありますが仕事で活躍する女性がもっと旭川に増えて欲しいという願いも強く持っています。

 

⑦移住を伴う転職者

私自身は札幌出身。東京・長野で社会人経験を積み、流れ流れて旭川市へ移住してきました。そんなよそ者だからこそ、この地域の魅力にとりつかれているのは間違いありません。地方を盛り上げるのは「よそ者・若者・バカ者」と古くから言われておりますが、その通りかと。旭川市に縁もゆかりもない人材の方が、ピュアな視点でこの地域を見ることができるかもしれません。必須項目ではありませんが、退路を断って旭川市に移住してくる覚悟のある人の方が、根性を必要とするこの仕事には向いていると考えています。

 

【業務内容】

モトクラシーの企画・販売・広報・現場運営

HPやパンフレットで紹介している「モトクラシー」は私たちの命のような企画です。とは言え、実はモトクラシーは事業(収益)の柱とはなっていません。むしろ、ほとんど稼いでいないと言っても過言ではないのです。それでも絶対にモトクラシーをやめることはありません。モトクラシー活動は、地域を知り、地域の人に会い、地域について考える大切な時間です。この業務、とにかく現場に足を運ぶことになりますのでご覚悟を。運転免許証は必須。1年中地域を走り回る楽しいお仕事です。

イベント・ツアーの企画・運営(添乗・ガイド含む)

目的はモトクラシー運営とほぼ同じ。決して大きく稼げる訳ではないですが、地域とのつながり、地場産業とのつながり、純粋に人とのつながりなどを、イベントやツアーを通して表現し、販売と運営を行っています。もちろん当日の現場にいることは当たり前。関係者と同じ目線に立ち、成功に向けて共に努力していくのがモトクラシースタイルです。『現場力』が私たちの最大のセールスポイント。お客様との最前線に立つのが私たちの仕事と心得てください。

事務局業務

あまり外部に対して目立つ仕事ではありませんが、この業務が大きな収益の柱の1つです。具体的には冬季シャトルバスの運行管理など。昨年実績で言えば、12月中旬から3月初旬まで、年末年始も含みながら、毎日シャトルバスの運行管理を(2人で)行ってきました。結構大変です。しかし、当該地域の観光インフラを支えているという仕事ですので遣り甲斐は強く感じます。予約システムはなるべく最新のモノを使用し、外国語対応・クレジットカード決済対応等を次々と導入してきました。今年度からはWeChat Payも導入します(知らない方は調べてください)。私自身が新しいモノが好きということもありますが、お客様目線に立ったストレスフリーの観光環境を整えていくことは楽しい作業です。PCスキルはもちろんですが、新しいモノを貪欲に使用していく好奇心を必要とする仕事と言えます。

④観光行政事業 受諾業務

昨年度から北海道観光振興機構の「ビジネスモデル形成事業」を受諾し、大雪山国立公園を活用した新たなサービスを検討・創出しています。事業の中にはプロモーション活動も含まれており、昨年は香港へ出張し、今年はシンガポールへ出張する計画です。国家戦略として観光立国を目指している昨今、こんな小さな旅行会社でも、とっても大きな役割が、大きな期待と共に降りかかってくるのです。私たちは国の動き、北海道の動き、道北地域の動き等々、各方面にアンテナを張り、常にできることを模索しています。小さな旅行会社でもこの仕事を行うためには、新聞・ニュースに目を通し続けることが必須。世の中の流れに敏感な方にとっては楽しい仕事です。意外と大きな仕事ができますよ。

【最後に】

大変長々と書き連ねてしまい申し訳ございません。約4時間かけて書き終えました。たった4時間で人生を変える決断を促すのは恐縮ですが、こんな私たちとこんな仕事をしてみたい、旭川で暮らしてみたいと思える方がいれば是非ともご連絡くださいませ。

最後にお伝えしておきたいことを1つだけ。この仕事、自分のやりたいことはほとんどできません。私は最近「自分のやりたいことよりも、自分にやってもらいたいこと」を仕事にできていることに幸せを感じています。「企画」と言いますが、色んな人の想いや力を形にしていくだけであって、何か新たなものを私が世の中に出している訳ではありません。じっくりと話を聴いて、身の丈に合ったことを実践するだけです。コツはありますが、特別な能力を必要としているものではないのです。

何を伝えたいかと言いますと・・・「自己満足の為に仕事がある訳ではない」ということです。あなたのやりたい仕事はほとんどできないかもしれません。それでもあなたにやってもらいたい仕事がたくさん生まれてくる職場です。誰かに必要とされる仕事は素敵な仕事だと思います。

 

地域に、世間に、上司や部下に。誰かに必要とされる仕事を探している人。

モトクラシーという不思議な世界の中で、林と小川の2名がお待ちしています!

 企業名 旭川通運株式会社
募集職種 総合職
雇用形態 正社員 ※係長・主任クラスを想定
給与 年齢・経験を考慮し応相談
各種手当あり
福利厚生 ・保険(社会保険 厚生年金 雇用保険 労災保険)
・退職金制度あり(勤続2年以上)
・交通費補助
・賞与あり(年2回)
育児休暇、産前産後休暇あり
仕事内容 上記の通り
勤務地 北海道旭川市 (マルウンホール 旭川まるうんトラベル内)
勤務時間 9:00~18:00(うち休憩1時間)
休日・休暇 変則勤務 (年間107日)
誕生日休暇あり
有給休暇付与
求める人物像 上記の通り
募集期間 採用決定次第締め切り
採用人数 1名
選考プロセス 事前面談(電話も可)
 ↓
書類選考

 ↓
面接
 ↓
採用(試用期間3ヶ月あり)
その他 先ずは担当者までメールかお電話ください。面接日時、採用後稼働開始日などじっくりとご相談していきましょう。なるべく採用者様の希望に添える日時を設定して参ります。
担当者
観光企画課 課長(ガイドマネジャー) 林 和寛

FORROW US
@2015 ASAHIKAWA MOTOCRACY
ASAHIKAWA MOTOCRACY ..
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 もう少しで40代の札幌生まれ
東京・長野で経験をつみ、2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。森の中で喫茶店を営むことが将来の夢。
小川 茉奈恵 旭川生まれ旭川育ちの20代。
2015年にマルウン商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
将来の夢は毎日お布団を干せる静かな生活を送ること。
法人・組織・団体のお客様