ASAHIKAWA MOTOCRACY
2018/3/5 news お世話になりました

1月の末にやってきて、縦横無尽に地域を駆けまわり、

時に無理難題を突き付けられながらも、何とか無事是幸いと3月頭に東京へ帰っていく。

 

「怒涛」という言葉がぴったり当てはまる一か月でした。

果たして、これは「インターンシップ」プログラムだったのか。

担当者としては胸中複雑ではありますが、いつも元気で笑顔で前向きでいてくれてアリガトウ。

 

若干(?)不思議な娘ではありましたが、モトクラシーの修行から、何かを得てくれていれば嬉しいです。

すっかり恒例になりましたが、振り返りの感想を残してくれましたので、以下に記します。

長文ですが、最後までお付き合いくださいませ。

************************************************************

こんにちは。インターンシップ生の井出喬子です。

 

あっという間に2月も過ぎ去り、もう3月ですね。

暦の上では春のはずなのに、旭川はまだまだたっぷりの雪景色。

この雪が溶けるのはいつになることでしょうか…

そんな中、私のインターンシップ生活も終わりを迎えようとしています。

あっという間に過ぎ去ってしまった1ヶ月…

連日、現場でのお仕事が続いていたおかげか本当に早かったです。

どのくらい毎日現場に出ていたかと言いますと、

毎日事務所にヤクルトさんがいらっしゃって美味しい乳製品を売ってくださるわけですが、

この期間に私がヤクルトさんにお会いしたのはたった3回!

しかも初めてお会いしたのは2月の下旬でした(^^)

 

そのくらい連日現場続きの、激!繁忙期にも関わらず

未熟な私の指導に当たってくださった林課長、小川先輩には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

さて、わたしのこの1ヶ月を振り返ってみると

『良いことばかりでした☆楽しかったです☆☆』

というものではないです。

 

自分の至らなさに、もがいていた日々でもあります。

「組織」に対する認識が甘すぎた私は幾度となくその姿勢についてご指摘をいただいてしまいました。

想像していた以上に「組織」というものに馴染めない自分に嫌気がさし、

社会人になることへの不安を募らせたのも事実です。

加えて、わたしはこの1ヶ月でたくさんのものを無くしました。

お気に入りのニット帽、東京から持ってきた手袋、旭川で購入した手袋、印鑑や文房具一式が入った筆箱、カメラのレンズカバー2つ、イヤホン、カレーの入った鍋(冷凍保存する前に粗熱を取ろうと外に持ち出していました)…雪が溶ければ出てくるのでしょうか。

 

また、iphoneもトイレに落としました。修理に出したもののカメラ機能は未だに使えません。

 

マンションの上の階の方が水道管を凍結・破裂させ、

真下にある私の部屋が水浸しという「北海道あるある」の災難も経験しました。

【※モトクラシー担当者注記:あるある??レアケースではないかと・・・】

 

今年の旭川の異常な積雪量と寒さも加わり、

多くの方に「北海道が嫌いになったのではないか」とご心配もしていただきました。

もちろん、そのご心配は無用です!

北海道が大好きな気持ちは全くブレておりません!!

 

嬉しくなかったことと同じくらい、いやそれ以上に、嬉しいことも盛り沢山な日々でした。

 

旭川をはじめとする地域の皆さんとの交流が少しずつ広がっていく喜びを実感しながら、

(この期間に頂戴した名刺も42枚となりました!)

現場にてお客様の笑顔を見ることに最高の幸福感を覚えました。

 

加えて、香港のお客様からお礼のお手紙が届いたときは舞い上がるような気分になり、

やはり現場でのお仕事はたのしい!と感じました。

 

旭川の美味しい料理も存分に味わわせていただきました。

(はじめて食べた鹿肉にはほっぺたが落ちるほど感激しました!)

 

ランチも林課長、小川先輩のオススメのお店で間違いない品々を堪能しました。

 

興味深いセミナーにも毎週のように参加させていただき、多くの学びを得、

(特に全く無知であった林業、農業に関して学べたのは嬉しかったです。)

美瑛や富良野、層雲峡、札幌、帯広といった道内各地の観光名所にも足を運びました。

 

林課長の教えてくださったことは知らなかったことだらけで

私ももっと多くの知識をつけたいという刺激になり、

小川先輩の落語のような面白すぎるお話を聞くのも大好きでした。

(林課長と小川先輩の漫才も最高です!笑)

【※モトクラシー担当者注記:漫才??私たちはいつだって真剣です】

 

良いこともそうでないことも含めて、すべてが自分の糧となりました。

濃厚なインターンシップ期間であったと胸を張って言えます。

 

このような充実した日々を送れたのは偏に皆さまのおかげです。

この場をお借りして、感謝申し上げます。ありがとうございました。

そして、重ねての御礼になりますが、去年の突然の訪問から何一つ嫌な顔せずに不躾な私を受け入れてくださった、

林課長、小川先輩には感謝してもしきれません。

 

私が夏にお二人のお話を聞いて感じた「ホンモノだ…!」という気持ち。

その感激だけを頼りに、私は大学3年の春休みの1ヶ月間、東京で就職活動を進めるのではなく、

同級生の友人たちと海外旅行に出掛けるでもなく、アサヒカワモトクラシーの一員として勉強することを決めました。

 

主に私が学びたかった

①どんなに激務の中でもお客様への目配り気配り心配りを忘れないこと

②自分たちが実際に体験したもの、会ったひとしか紹介しないこと

③本音しか届けないこと

④チームとしての「報連相」

 

その全てが見事に徹底されていました。

 

あの時の決意に間違いはなかったのだと、終わりを迎えかけた今、振り返っております。

 

自分の至らなさを知り、社会人になることへの不安を抱いていることも、

後に「成長のきっかけだった」と言えるようにすることが今の目標です。

 

お二人のような「ホンモノ」の方からご指導をいただけたこと、

心から幸運に感じます。ありがとうございました。

【※モトクラシー担当者注記:ホンモノ!?恐縮です。】

 

それでは、私は一旦東京に戻りますが、早くも3月20日には北海道に戻ってくる予定がありますので(笑)

また大好きな北海道を満喫したいと思います。

 

皆さま、本当にお世話になりました。またどこかでお会いできるのを楽しみに…

 

井出 喬子

************************************************************

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

色々な経験を積むことができたようで、私たちも安堵しております。

 

が、しかし!

井出さん、君はまだまだ私たちのことを分かっていないね。

 

昨日の会話。

林 「明日は何時に帰るの?」

井出 「11時20分頃のバスで空港に行く予定です」

林 「そうか~、帰りも気を付けてね」

井出 「ハイ!ありがとうございます」

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

井出くん、私たちがこの会話で終わるとでも思っていましたか?

 

本日の事件 (?)

事件場所 : 旭川駅

事件時刻 : 11時20分ごろ

事件概要 : 待ち人不在

事件の様子↓↓

井出、時間に現れず・・・

とりあえず、知らない人たちに手を振る小川。

渡せなかった記念品・・・

 

アリガトウ井出喬子さん。

また、会うことがきっとできるでしょう!

最後まで笑いをアリガトウ(^^

FORROW US
@2015 ASAHIKAWA MOTOCRACY
ASAHIKAWA MOTOCRACY ..
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 もう少しで40代の札幌生まれ
東京長野で経験をつみ、
2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。
小川 茉奈恵 まだ20代になったばかりの
旭川育ち。2015年にマルウン
商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
法人・組織・団体のお客様