ASAHIKAWA MOTOCRACY
2017/12/1 characters 荒屋さん

** CHARACTER OF MOTOCRACY *******************************************
**************************************************************

STORY

「自分の使う物を、全部自分で調達したかった」

今回ガイド役として登場していただく荒屋さん。普段は“スプーンのあら屋”というブランドで、完全手作りの木のスプーンを制作・販売しています。荒屋さんが自分の山を購入してしまうまでの発想が面白い。

「仕事でも生活でも、全てが自分で調達できて、それで生きていけるなら素晴らしいことじゃないですか。色々考えた結果、いつしか自分の山が欲しいなと思うようになったんです」

山が欲しい。そう想って、購入してしまう人はなかなかいない。ただただ凄い人です。

 

STYLE

「辿りついたのがスプーンでした」

荒屋さんがスプーン作りを始めたきっかけもとても興味深い。

「旭川は大きな工場もあって、腕のある職人もたくさんいる。その領域で勝負しても勝ち目はないなと。自分で無理なくできることは何か、創作できるものは何かを考えた結果、辿りついたのがスプーンでした」

山から木を伐り出し、その木を一本一本のスプーンにしていく。当然、世界に同じスプーンは存在しない。

「同業種の方や、他の木工作家さんからは僕の作り方は“マジか!?”と驚かれます(笑)。非効率的だし、生産性も低いですから。でも山や森の循環性や再生産性を考えれば、もっとも適した創作だと信じています」

 

MESSEGE

「本当の山って実は怖い面も多いんですよ」

荒屋さんにとって山はどんな存在なのだろう。
このツアーを通して、持ち帰ってもらいたいものは何なのだろう。

「山の中で独りぼっちになることは、海のど真ん中で独りぼっちになるのと同じくらい怖い体験。自然と正しくお付き合いするためには、そういった怖い面もあるということを知ってほしいと考えています。もちろん危険なことはしませんが、ちょっと怖い体験をしてもらうかもしれません(笑)」

 

*・・関連モトクラシー・・*


   ようこそ私の山へ

ASAHIKAWA MOTOCRACY .. カムイ号の予約はこちら
旭川⇔カムイスキーリンクス
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 もう少しで40代の札幌生まれ
東京長野で経験をつみ、
2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。
小川 茉奈恵 まだ20代になったばかりの
旭川育ち。2015年にマルウン
商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
法人・組織・団体のお客様