ASAHIKAWA MOTOCRACY
2017/11/22 news 地域の観光インフラを目指して

タイトルは仰々しいですが・・・

日頃の不養生・不摂生・不徳の致すところ等々が重なる昨今。

2ヶ月近くもブログの更新を怠っていたモトクラシーです。

 

気が付けば、一面の雪化粧。

そう、北海道は言わずもがなの冬到来でございます。

 

2017-2018 冬シーズン。

大きな大きな役割を私たちで担うことになりました。

「バス」の運行管理でございます。

 

旅行会社がバスの運行管理なんて当たり前じゃい!!

と、お叱りを受けそうですが、

このバス運行は私たちの転換期(ターニングポイント)になるかもしれません。

 

サービスの詳細については特設ページをご覧いただくとして、

カムイスキーリンクス行き連絡バス『カムイ号』

 

今回、とても嬉しく感じているのは、

『毎日』・『必ず』・『申込者全員』をご案内するサービスを提供できることです。

 

観光客はもちろんですが、地元の人にも多く利用してほしい。

スキー場は地域の観光資源ですが、地域の暮らしに根付いている「インフラ」だと思うからです。

インフラを下支えする仕事は責任重大。ですが、遣り甲斐は強く感じています。

 

昨年、カムイスキーリンクス様とはモニターツアーを実施しました。

新たな道づくり 【カムイスキーリンクスモニターツアー】

その時から『道づくり』には野望を持っていたのですが、

まさか1年経たずに、1歩前進することができるとは!

関係各位のみなさまには、只々感謝の気持ちで一杯です。

 

ちなみに、今シーズンはモニターではなく、

東京発着の『プレミアムツアー』を実施いたします。絶賛募集中。

こちらは、モトクラシー×カムイスキーリンクス×J-TRIP というコラボレーション企画です。

2017-2018KAMUI SKI LINKS プレミアムツアー

私たちは、旭川空港で『笑顔でお出迎え』するという、いつもの役割(^^

旭川のマスコット(左)と、モトクラシーのマスコット(右)がお迎えにあがります。

旭川が一番アサヒカワらしく輝く季節(だと思う)に、どうぞお越しくださいませ。

 

ターニングポイントと言うからには、当然これが事の始まり。

旭川駅を中心に、市内のホテルを巡り、アクティビティエリアへバスを運行する。

 

『毎日』・『必ず』・『申込者全員』

 

観光インフラの充実に情熱を傾け始めたアサヒカワモトクラシーです。

来年の夏にもやりますよ、絶対。

 

毎朝、バスを出す計画が進行中とだけお伝えいたします。もしかしたら夜もやるかもしれません。

気が付けば一年中そんなサービスが実施されている。

アサヒカワにはそれをできるだけの資源もポテンシャルもあると信じています。

 

できることから着々と。身の丈に合ったサービスを。

アサヒカワモトクラシーは、ようやく半年後を考えながら生活できるようになってきました。

 

今後も変わらぬご愛顧を。叱咤激励もお待ち申し上げます。

 

さて、次の更新はいつになるやら。

こちらも気長にお付き合いいただければ幸いです。

ASAHIKAWA MOTOCRACY .. カムイ号の予約はこちら
旭川⇔カムイスキーリンクス
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 もう少しで40代の札幌生まれ
東京長野で経験をつみ、
2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。
小川 茉奈恵 まだ20代になったばかりの
旭川育ち。2015年にマルウン
商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
法人・組織・団体のお客様