ASAHIKAWA MOTOCRACY
2016/8/22 tour 「また会いましょう」

真面目な話を少々。

多少、長くなりますがお付き合いくださいませ。

 

2016年の夏休みシーズンがほぼ終了。

今夏もたくさんのお客さんと出会うことができました。

牛ツアー (4)

ツアーにご協力いただいている皆様には改めて感謝申し上げます。

 

旅行・観光を企画する者として、

「家族の思い出」のお手伝いができることが何よりも嬉しく感じています。

長谷生様写真

野菜泥棒 008

素敵な笑顔も、お客様からの嬉しいメッセージも多数頂きました。

 

また、ようやく2年目のアサヒカモトクラシーですが、

改めて、このエリアの魅力をたくさん発見することができた次第です。

IMG_0004

野菜泥棒2 011

体験に「出会い」をプラスする。

モトクラシーのコンセプトがお客様に喜ばれることも再確認できました。

 

それ故なのですが、新たな悩みも生まれています。

 

観光地として成否を分けるのは「リピーター」の存在。

この夏の出会いを、冬など、他の季節に繋げる必要があるのです。

 

「また会いましょう」が正しい観光地のキーワード。

しかし、批判も覚悟で述べますが、旭川エリアはこのキーワードの発信が弱いと感じています。

 

お客さんが「動物園も見たし、一度行ったからもう充分」と思っていたとしたら…

そんな不安が頭をよぎることが何度かありました。

 

私たちは夏のツアーで同行ガイドする際に、

必ず「また会いましょう」と声をかけています。

(決して営業的にではなく、本心からの言葉です)

IMG_0004

この笑顔にまた会いたい。

お客様に冬の魅力も知ってもらいたい。

そう、心の底から思っています。

 

それでは最後に夏のお客様へメッセージを。

 

「また、旭川で会いましょう!」

これからの企画にもご期待ください。

ASAHIKAWA MOTOCRACY .. カムイ号の予約はこちら
旭川⇔カムイスキーリンクス
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 もう少しで40代の札幌生まれ
東京長野で経験をつみ、
2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。
小川 茉奈恵 まだ20代になったばかりの
旭川育ち。2015年にマルウン
商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
法人・組織・団体のお客様