ASAHIKAWA MOTOCRACY
2016/4/29 news 三浦綾子文学という地域の至宝

私たちが暮らしている(?)マルウンホールから歩いて15分。

三浦綾子記念文学館は、氷点橋を真っ直ぐに進むだけで到着します。

9810蛻晄流縲€譁・ュヲ鬢ィ螟冶ヲウ002

正直、今まで三浦文学にふれたことがなかった人生でした。

(志向がアウトドアに偏っていたせいかもしれません)

 

しかし、大変ありがたいことに今回私たちにお声がかかりました。

 

『三浦文学でまちおこし』~小説の舞台つなぐ初の地域連携イベント~

という大きなプロジェクトのお手伝いをさせて頂くことになったのです。

 

旭川市だけでなく、上富良野町・和寒町との連携プロジェクト。

 

小雪の舞台を歩く「フットパス」構想が具現化に向けて進んでいます。

三浦綾子フットパス 002

「氷点」の舞台 当然歩きます。(寒かった…)

 

IMG_0012

「泥流地帯」の舞台 もちろん歩きます。(もっと寒かった…)

 

IMG_0001

旧石狩国と旧天塩国の境[塩狩峠】がココですよ。(ようやく暖かかった)

 

文学に疎い私でも、実際に小説の舞台をガイド付きで歩いてみると、

今まで見えていなかった風景が見えるようになってきました。

 

時代は変われど変わらないものがある。

 

三浦綾子文学という地域の宝を、ツーリズムの力でどのようにお伝えしていくか。

まだまだ試行錯誤の段階ですが、末永く愛される企画に育てていきたいと考えています。

 

関係各位のみなさま。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

ASAHIKAWA MOTOCRACY .. カムイ号の予約はこちら
旭川⇔カムイスキーリンクス
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 もう少しで40代の札幌生まれ
東京長野で経験をつみ、
2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。
小川 茉奈恵 まだ20代になったばかりの
旭川育ち。2015年にマルウン
商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
法人・組織・団体のお客様