ASAHIKAWA MOTOCRACY
2016/3/18 tour 壺屋×モトクラシー 『リスのテーブル』という名のツアーはじめます

メイン

旭川家具工業協同組合様が取り組んでいる『ここの木の家具。北海道プロジェクト』

日本の森林率は、世界第3位。さらに、北海道は全国の3割近い広葉樹資源を持っている。

そんな北海道の広葉樹を使って、家具をつくろう。

森林資源の好循環をつくり、北海道の森を守っていこう。そんなプロジェクトです。

 

プロジェクトのコンセプトに共感され、コラボ商品として開発されたのが、

壺屋総本店の『リスのテーブル』というバームクーヘン。

(ちなみにBaumkuchenはドイツ語Baum:木 + kuchen:ケーキという意味)

 

このたび、ご縁をいただき、壺屋様と日帰りツアーを企画することとなり、

商品名そのままの企画を提案させていただきました(笑)

 

リスのいる森。森にある樹木。樹木からできる家具。家具に集う家族。

家族で楽しむバームクーヘン…

 

暮らしの好循環を6時間に凝縮した、ここでしかできないツアーです。

 

詳しくはイベントページをご覧くださいませ。↓↓

http://motocracy.jp/event15_win04.html

 

地元の資源を地元で活用する。

とってもアサヒカワモトクラシーらしいツアーです。

ASAHIKAWA MOTOCRACY .. © motocracy.jp
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 もう少しで40代の札幌生まれ
東京長野で経験をつみ、
2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。
小川 茉奈恵 まだ20代になったばかりの
旭川育ち。2015年にマルウン
商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
法人・組織・団体のお客様