ASAHIKAWA MOTOCRACY
2017/8/11 event 地元をよく知る自由研究

地元の小学生を対象に地元をよく知るイベントを開催しました。

今回のテーマは地元の「お野菜」と「お醤油」。

自由研究の課題にもなるように、お勉強の要素も盛り込んだイベントです。

 

ご依頼してくれたのは『道新たかはし販売所』さん。

6月にも「おらが街ツアー」という地元巡りツアーを一緒に開催しました。

まだまだ知らない地元の魅力。それを伝えるイベントやツアーはモトクラシーの得意技です(笑)

地元の地元の人による地元の人のための地元巡りツアー

 

イベント開催日は7月31日(月)。

地元の小学生が元気に参加してくれました。

 

まず最初に訪れたのは、『野菜泥棒』でお世話になっている鷹栖町の『助安農場』。

いつも助さんは私たちを快くお迎えしてくれます^^

「おじさん怖い顔してるけど、とっても優しいからな」

子どもたちの気持ちが一気にほぐれる瞬間です。

助さんの顔は本当に怖いけど、助さんほど優しい人はなかなかいません。

 

『野菜泥棒』と同様に、狙うは旬の3野菜です。

 

①じゃがいも
 
 一株を力合わせて掘りまくり。

とっても小さいじゃがいもから大きなじゃがいもまで、袋がパンパンになるまで詰めました。

②トウキビ(とうもろこし)

トウキビのひげは、一本一本が実についているんだと教えてくれました。

(知らなかった…)

子どもたちは沢山のひげが付いているトウキビを狙います。

 

③トマト

自分のお気に入りトマトを収穫!

真っ赤なトマトが美味しそうです。

 

その他にもキクラゲの栽培所を見学させてくれたり、かき氷を出してくれたり。

助さんの農場への想いも子どもたちは聞くことができました!

楽しい収穫体験のひと時。助さんありがとう!!とっても勉強になりました!!

お野菜の勉強後は、旭川最古の醤油製造業、『日本醤油工業株式会社』(キッコーニホン)へ。

こちらの会社では先ほど訪れた助安農場さんの「しいたけ醤油」も製造しています。

アサヒカワエリアは、必ず誰かと誰かがつながっている。

それらを発見した時や、気づいたときに、モトクラシーらしさが深まるのです。

 

日本醤油さんでは、まさに自由研究にぴったりな「醤油博士」の授業を受けました。
 
 

子どもたちに醤油の秘密と不思議を教えることのできる「醤油博士」。

北海道内にはたった2人しか博士は暮らしておりません。

 

その1人がなんと日本醤油工業株式会社の社長さんなのです!

社長直々に授業していただく貴重な時間。子どもたちはそんなことは知らないのですが…

大人でも「へぇー」となる内容を、分かりやすく説明してくれました。

写真はオリジナルラベル作りの様子。

スタッフさんにお手伝いしてもらいながら、この世に一つのラベル作り。

「キッコーニホン」のマークを入れている子も、多数発見^^

特別に日本醤油さんの工場見学も。

普段は見られない場所まで、見せていただきました。感謝。

最後に日本醤油のスタッフさんとMY醤油を持って、記念撮影。

お土産に醤油キャンディーと冷やし中華のつゆまで頂いちゃいました♪

醤油博士(社長)様、スタッフのみなさま、本当にありがとうございました!!

 

朝から畑に工場にと大移動。

身体も頭も使えばお腹も空きますよね^^

 

イベントの最後はホテルWBFグランデ旭川自慢のランチバイキングです。

採ってきたお野菜を特別に厨房で調理していただき、バイキングと一緒に頂きました♪

採れたて茹でたてのジャガバター。美味しいに決まっています!!


途中から雨もパラパラ降ってきましたが、

それをも吹き飛ばす子どもたちの元気に圧倒されました!

 

地元っ子の元気が、地元に元気を与えますね^^(?)

モトクラシーも負けずに元気にやっていきます!!

 

*・・関連モトクラシー・・*


   野菜泥棒

ASAHIKAWA MOTOCRACY .. © motocracy.jp
about us
アサヒカワモトクラシーは、旭川駅から半径50kmエリアの
主にアクティビティ(体験)を紹介する情報サイトです。

今や観光情報は世に溢れています。
体験内容や金額は、ちょっと調べれば誰もが手にできる時代です。

私たちは、それらのアクティビティに“誰”が登場するかを中心に情報を発信します。
地元の人との出会いがツーリズムを豊かにすると信じているからです。

そのため、必ず現地を訪ね、話を聞き、全ての体験をしてきています。
私たちが知らない人や、分からないアクティビティは紹介していません。
また、当日のツアーには、私たちもできるかぎり同行します。

地元で暮らしている方々(ジモトグラシ)と、
地元の人でも知らない穴場(灯台モトクラシ)を紹介していきたい。

“モトクラシー”という言葉には、そんな想いが込められています。

みなさまと旭川でお会いできる日を楽しみに。
素敵な出会いをお約束します。 2015年7月 アサヒカワモトクラシー 一同
staff
林 和寛 もう少しで40代の札幌生まれ
東京長野で経験をつみ、
2011年から旭川市民。
趣味はとにかくアウトドア。
小川 茉奈恵 まだ20代になったばかりの
旭川育ち。2015年にマルウン
商事株式会社に新卒採用。
趣味はひたすらインドア。
法人・組織・団体のお客様